着物

黒留袖


留めそで儀式用のきもの。
お仲人さんや身内の結婚式に着ます。
紋は染め抜きの五つ紋で、白の下着を重ねるか比翼仕立てにします。
布地は一越やりんず、模様は松竹梅、鳳凰、鶴、たばねのしなどのおめでたい柄や、新しいところでは洋らんなどもあります。
ふ作帯は袋帯を。
丸帯はほとんどしめられなくなりました。
白地、薄朱、薄ブルーなどの地色や、14のように金地を朱で引いたものなどもあります。
喩帯じめは白の丸ぐけや金銀のひも、帯揚げは白のしぼりやりんずを。
ミセスは緋がのこの帯揚げはしません。
ぞうりは金銀に白

運営

着物スタイル実行委員会

お問合せ

E-Mailに必要事項記載

携帯メールマガジン

お得な情報を発行してます!
下記のQRコードを携帯で読み込んで
アクセスしてください。

qr